JOURNAL

「商店建築」掲載のお知らせ

news
商店建築2022年09月号にたこ焼こはくが掲載されました。
クライアント、施工者、協力業者の方々に感謝致します。
「あまから手帖」「Leaf」「&Premium」などにも続々と紹介され、
お店の方も大評判でとても嬉しいです。
read more

一歩一歩進んでいます。

news
長屋の改修も仕事の合間をぬって一歩一歩進んでいます。
元々の土壁はボロボロと崩れるぐらい脆く、昔の建物は、木と土で作られているのを実感できます。
一部、リフォームで貼られた石膏ボードは、木や土と違い、処分費用も高くつきます。
現代の建材は安く、便利で安易に使いがちですが、後々の事まで考えると使い方に気をつけないといけないなと、解体しながら思いをめぐらしています。
read more

宇治の家竣工しました。

news
3層吹き抜けの空間から射し込む光が、1階の土間を照らします。
射し込む光は時を刻み、日々の移ろいを映し出します。
想像以上に綺麗な光をつくることができて一安心です。
全体は改めてご紹介いたします。
read more

あやめ池で長屋をリノベーションしていきます。

news
長い間、空き家だった長屋を購入しました。延べ床面積10坪の平屋の小さな建物です。
近鉄あやめ池駅から徒歩2分の立地ですが、再建築不可(建物を壊すと再度建築することができない)の物件でした。
まずは雨漏りもあり傷みも大きいので、利用できる状態にリノベーションをしていきたいと思います。
具体的な利用方法は模索中です。
read more

テンポよく進んでいます

news
1ヶ月後の完成に向けて、大工さんが同時に2人入りテンポよく工事が進んでいます。
お店は開店の日にちが決まっていることが多く、立ち止まることや後戻りできない緊張感があります。
read more

外観ができあがりました

news
外観は無塗装サイディングに塗装と、斜め壁はガルバリウム波板貼りとなっています。
全体はグレートーンで統一感をもたせました。
いよいよ外部足場が外れ外観の全貌が現れるのを待つだけとなりました。
read more

構造体が立ち上がりました

news
建て方がおこなわれました。
これまで頭の中でイメージしていただけの空間が、実際に現れる瞬間です。
斜めの壁が特徴的な吹き抜けがありますが、
様々な部分で水平垂直ではない為イレギュラーなことがおこります。
根気よく丁寧に施工していただきました。
read more

基礎検査

news
構造設計者を交え基礎の検査と配筋の検査をおこないました。
型枠が外れるといよいよ建て方です。
read more

お店づくりプロセスpart3「素材」

column
インテリアの素材について考えてみます。
「上品であること。」「直接的では無いけどたこ焼き屋を想起させること。」
この2つが大きなイメージとしてありました。
「上品であること。」については、
インテリアの素材の種類を絞ることと、色味はナチュラルな色味にすることで、上品な印象を作り出します。
(反対にたくさんの色味や素材を使うとどちらかというと大衆的、日常的なイメージになります。また、ビビッドな色をつかうとポップな印象になります。)
「たこ焼き屋さんを想起させること。」については、
色味のほかに、「素材感」をたこ焼きと似せることを考えました。
少し凹凸のある焼きあがったたこ焼きの生地は、建築素材でいうならザラザラとした質感の「リシン吹付け」に似ています。

また、たこ焼きは、タコを生地でまるっと包み込むように作られます。
リシン吹付けは、様々な下地の上に細かな骨材入りの塗料を少し厚みをもたせて吹き付け、下地をまるっと包み込みます。
この作られ方が、たこ焼きの作られ方ともよく似ていると感じました。
リシン吹付けはリーズナブルですが、使い方によっては安っぽくなること無く、凹凸のある素材感によって空間に奥行きを生むこともできると考えました。

素材感、コスト、施工性を全て兼ね備えたリシン吹付けがこの空間にふさわしいと考え、この素材で進めることに決めました。

一般的には素材ごとに切り替える細かなディテールが発生しますが、今回は壁、天井、家具など全体をリシン吹付けでまるっと包み込むため、下地づくりが完了してから、仕上げまでが一気に進んでいきます。
リシン吹付けは、たこ焼きの作られ方を表現すると同時に、工事の簡略化と工期の短縮にもなりました。
(細かなディテールを作り込むと、どうじても工事が複雑になり、工期も伸びてしまいます。)
あとは、細かいことですが、気を使いたいこととして、天井のエアコンや勝手口の扉、照明器具の枠まで全て同色で塗装したり、店内の目立つところにはコンセントやスイッチ類が見えないように気を配り、余計なものが目立たないようにしました。

お店のインテリアは、お店のコンセプトを表現できるものです。
どんなお店にしていきたいか、どういった商品や食事を提供するのか、それに合ったインテリアを同時に設計していくことで、お店のブランディングづくりにもなります。
「お店の特徴」「コンセプト」「インテリア」が一体となった、一本筋の通ったお店づくりがとても大切だと感じています。
read more

お店づくりプロセスpart2「色決め」

column
間取りの次にインテリアの「色」を考えていきました。

「素材感」「光の当たり方」「隣り合う色との関係」「色の面積効果という錯覚」などによって、見え方が全然変わってくるから色決めは本当に難しいです。
「琥珀色のたこ焼きの色」に合うベージュ系をメインカラーにするのがいいのではというのは当初からイメージしていました。

ベージュをメインカラーとしつつ、
床、壁、天井、家具の色のバリエーションを検討します。
①②壁の上下でベージュとグレーに塗り分けた案。
なかなか良いけれど、少しモダンになるので、たこ焼きの暖かな雰囲気には合わないなという印象です。
③全てグレーにすると冷たい印象になってしまいます。アパレルショップなら良いかもしれません。
④⑤⑥壁、天井、カウンターともベージュで統一すると洗練されつつも温かみがでて、たこ焼きのイメージと合うように感じられます。
さらに床のバリエーションを考えていきました。
⑤黒にすると和菓子屋さんぽくなります。
⑥ベージュにすると、ストイックすぎて、少し単調になりました。
④荒い目のモルタルで仕上げると、少しカジュアルにもなって、ふらっと入ってくれそうな雰囲気を作り出せそうです。

そして決まったカラーイメージがこちら。
ベージュと一言で言っても、
薄いベージュ、濃いベージュ、黄色がかったベージュ、赤みがかったベージュなど様々です。
ここから、どんなニュアンスのベージュにすればよいか検討していきます。
ベージュ系でまとめられたお店にも足を運んで、カラーチャートと比較したりもしました。

もっと薄いベージュが使われているのかなと思っていたお店も、こうやってみると思ったよりも濃かったりします。

でもお店全体としてみるととても自然に見えるので不思議です。
カラーチャートの色と実際お店で使った時の印象の違いを確認することができました。

カラーチャートから20種類程度、30センチ角ぐらいのサンプルをもらい、実際に比較してみます。
カラーチャートでみると良い色味だと思ったものも、実際見ると全然違ったりするので、現物のサンプルを見るのは必須です。
絞られてきたのは10種類。

室内で見ると色味が変わってしまうので、外で並べてみます。
晴れの日、曇りの日、日中、夕方、など天気や時間帯でも見比べてみます。
ずっと、あれやこれや見比べるとだんだんわからなくなってくるので、
そうなると一旦休憩。次の日にもう一度見てみます。
昨日よかったものと同じものを続けて選ぶと、だんだんと確信に変わります。

現場にあてて最終確認。
テクスチャーの凹凸もあり、見る角度によって暗く見えたりします。
ここにきて少し暗いかもしれないと心配になります。

「色の面積効果という錯覚」にも気をつけなければいけません。
(小さい面積の色よりも、大きな面積のほうが明るく見えるという錯覚です。)
サンプルは小さな面積なので、全体が塗られると、ちょうど良い明るさになるはずだと心に決め、職人さんにこの色を伝えました。
出来上がったのをみると、驚くほど自然でイメージにぴったりでした。
「この色にしてよかった!」と確信できた瞬間でした。
色決めは本当に難しいです。
少しの違いで印象ががらっと変わってしまう色味は慎重に検討しなければいけないと感じます。
read more