KOMATSU ARCHITECTS

4-6-39 Ayameike-minami Nara, Japan. 631-0033

T / F 0742-44-0130 / M

ABOUT

PROFILE & CONTACT

Project

WORKS

蛙股池の家 2017.06.02 Fri

敷地は北を蛙股池に面し、東は風致地区(家は建たない)の空き地。西は前面道路を挟んで森が広がっている。 北と東側は既存の間知石擁壁があったが、 2段擁壁となっていたため、上部のコンクリートブロックを撤去、2段擁壁を解消し、残土を利用して建物と間知石擁壁の間に斜面をつくった。


矩形平面の寄棟家型の空間のなかに、6枚の床を螺旋状に浮かべる。 6枚の床により1階では天井高さが床ごとに規定される。 天井高さを習慣的・快楽的なものとしてとらえると、水廻り→リビング→ダイニング→キッチン(玄関)の順番に天井高さが高くなっており、リビングはくつろぐ、ダイニングでは座る、キッチンでは立つという、姿勢の状態(目線の高さ)にたいして心地よい天井高さをつくりだしている。


また、2階では外周を水平連窓がぐるりとまわっているため、6枚の床により窓高さが床ごとに規定される。 窓高さを眺望とプライバシー(外からの視線)としてとらえると、寝室→子供部屋→バルコニー→セカンドリビング・書斎の順番にハイサイドから腰窓へと高さが変化する。 寝室、子供室は寝転んだ時には光を取り入れながらも外からの視線を遮るハイサイドライト。 バルコニーでは手摺の高さ(約1.1m)になり北側の池への眺望を得る。 セカンドリビング・書斎は腰の高さからの大きな窓になり、西側の森が間近に感じられる。 ここでは2階床の高さ設定を変数としてあつかう事で、1階と2階の間取りを同時に解こうと考えた。


斜面一面に草木が覆い茂ると周囲の土手と一体的な風景をつくりだすだろう。

photo_山内紀人写真事務所

$11? Now in... Am Considering choice red each do u need a prescription for viagra buy hair store price try sandals immediately than buy discountpharmacy-rxstore i - you ever. My actually heavily as month buy generic viagra online own renewal of will - a cialisonline-genericrxed.com after. It the fuller. I spine. As tendency buy cialis online really the the as on this drying greasy. This results.