OPEN DOOR APARTMENT2

街に開かれたシェアハウス

既存のカフェ併設シェアハウスの隣に、同オーナーの新築シェアハウスを設計しました。既存シェアハウスと外観を揃え、既存の緑豊かな庭と繋げるような植栽スペースをつくり街並みとしての連続性をつくりました。建物間を共有のアプローチに作り変え、1階部分を全開できるガラス窓にし、開かれたコミュニケーションの場をつくりだしました。
ガラスに包まれた1階の明るい土間空間は、既存シェアハウスの住人も気兼ねなく利用し、食卓を囲んだり、卓球大会を開催したりと、交流を深める場となっています。さらに住人同士で地域を巻き込んだイベントを企画するなど、創造性を発信する場にもなっています。
建物の端から端までを使った緩やかな階段は、空間の中の余白であり暮らしの中でゆとりを生み出します。
住戸は天井の高い1階のプライベートリビングと2階のベッドルームのメゾネット形式となっています。
住戸の1階から2階への行き来は、住戸の中のハシゴを使う「最短の動線」の他、緩やかな階段を使う「最長の動線」の2種類があります。
「最短の動線」では天井の高い井戸のような空間と、屋根裏のような空間を瞬時に行き来し、巣の中に住んでいるような体感が生まれます。
「最長の動線」では、一旦街へ出るような感覚で解放感な共有空間に出て、緩やかな階段を通り、少し離れた場所に自分の「離れ」をもっているような体験が生まれます。
こうして住戸の配列と階段の関係をみていると昔の「木賃アパート」のようですが、閉じられた空間ではなく、人々が流動的に活動し街に開かれた「現代の木賃アパート」としての佇まいになっています。

OPEN DOOR APARTMENT2

左側が既存のカフェ併設シェアハウス。間が共有のアプローチです。新築シェアハウスはガルバリウム鋼板で覆われた左側は個室、ガラス面の左側が共有空間です。内部の用途が建物の立面に表れています。

OPEN DOOR APARTMENT2

ガラス越しに、木の構造躯体が透けて見えます。

OPEN DOOR APARTMENT2

ガラス面は透過するだけでなく、周囲の風景を反射して映し出します。

OPEN DOOR APARTMENT2

共有空間は2層吹き抜けの明るく開放的な空間です。住人が自由な使い方を想像できる未完成のようなインテリアを作っています。

OPEN DOOR APARTMENT2

木の構造躯体がそのまま表れています。木の梁から照明や階段が吊られています。

OPEN DOOR APARTMENT2

2階の共有リビングと1階の共有スペースが吹き抜けを介してコミュニケーションが生まれます。

OPEN DOOR APARTMENT2

1階に比べプライベート色の強い天井高さを抑えた共有リビング。個室への扉が並列しています。

OPEN DOOR APARTMENT2

間仕切壁の中はトイレ、洗濯機、収納などが納められており、ところどころが開くように扉になっています。

OPEN DOOR APARTMENT2

シルバーの壁は周囲の風景を柔らかく反射します。

OPEN DOOR APARTMENT2

1階の個室はコンパクトながら天井の高い空間になっています。2階の個室へは既製のアルミ製ハシゴで行き来します。
ラワン合板の壁に絵や棚などを取り付け、自由な使い方を許容します。

OPEN DOOR APARTMENT2

2階は小屋裏のようなベッドルーム。全面が窓になっており明るく開放的です。

OPEN DOOR APARTMENT2

廊下の片方はトイレやシャワールームなどの扉が並び、片方は個室の扉が並びます。全て同じ素材の扉は住人だけが分かるものになっています。

OPEN DOOR APARTMENT2

共有部の壁は中空ポリカーボネート。柔らかく拡散した光が充満します。

OPEN DOOR APARTMENT2

中の活動は外からも賑わいを感じられます。活動的で賑やかなシェアハウスになることを願っています。

OPEN DOOR APARTMENT2

掲載
  • 新建築2019年8月号
  • sequences bois  No127 Septembre 2020 (France)