JOURNAL

建築家視点の土地選び

column
「土地選びから家を建てよう」と思われている方はもちろん、
「将来的には考えているけどまだまだ先、、」
という方にもぜひ読んでもらいたいです。
家づくりが始まるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
その前から知識をもっている事で、余裕を持って家づくりができると思います。
1.土地選びから建築家に入ってもらう
「この土地が自分たちに合っているのか分からない。」
「この建ぺい率と容積率でどれぐらいの建物が建てられるのかな。」
土地を持っていない方が家づくりをはじめると、わからない事もたくさん出てくるだろうと思います。
不動産屋さんは土地の専門家なので、土地の事を教えてもらうことはできますが、
設計の専門家ではないので、その先の設計のことになると不安です。
そこで、土地を買ったその先を見据えて、土地選びから設計の専門家である建築家に入ってもらうことで、「建築家」は「不動産屋さん」と「クライアント」の繋ぎ役になってくれます。
2.総予算から土地と建物に掛けるバランスを決める
「土地にこれだけかかったから、残りで建物を建てよう。」と、
土地を優先して考えてしまうと、肝心の建物が貧しいものになってしまいます。
(中古住宅や中古マンションを購入して改装したいと思っている方も同じです。)
家づくりには必ず予算があります。その中で土地と建物のバランス、土地選びの優先順位を一緒に考えるのも建築家の仕事です。
大切なのは、建物の大まかなイメージを建築家と共有しながら土地を選ぶ事です。
例えば、「この土地だったら、こっちの方角から気持ちのいい風が流れてくるから、窓はこちらにとればいいですね。でも隣の家の窓とバッティングするから、このように窓をずらすことでプライバシーも守れますし風通しの良い家が建てられます。」といったことや、「ここは理想の駅近ですが、土地が狭いですね。でも建物をこういうふうに建てれば、立体的な面積以上の広がりのある家が建てられますね。」といったように、建物のイメージを伝えてもらう事ができます。
不動産屋さんは土地のスペシャリスト。
建築家は土地を見て建物をイメージできるスペシャリストなのです。
3.土地の隠れた価値を見つけ出す
建築家でなくても、ハウスメーカーや工務店も土地探しから相談はできます。
ただ、ハウスメーカーや大半の工務店は真っ平らな土地にしか自社の建物を建てる事はできないので、必然的に真っ平らな土地を選ぶことになります。
真っ平らな土地は、整地したり、造成するのにとても大きなコストをかけているのでどうしても高価になっていまします。
しかし、家は真っ平らでなくても建てられる事はできますし、むしろ真っ平らではない方が魅力のある建物が建てられる場合が多いです。柔軟で自由に思考できる建築家は、気づかない魅力を見つけ出し、価値に変える事ができるのです。
4.土地も建物と同様設計対象です
ここでひとつ私の設計した「蛙股池の家」の例をご紹介したいと思います。
最寄り駅から徒歩10分にも関わらず、一方を森に面し、一方を池に面している自然豊かな土地が見つかりました。

不動産屋さんからは、「池に面した2辺の既存擁壁が2段擁壁という違法状態となっているので、家を建てる時にはこの擁壁を造り変えないといけないです。」と言われたそうです。
こんな自然豊かな好立地なのに、安く売りに出されていた理由は、擁壁を造り変えるのに1500万ほどかかってしまうからでした。
不動産屋さんも、数年前から売りに出されていたにも関わらず売れないので悩んでおられました。
この土地を見た私は、既存の下部擁壁の強度は構造設計者と安全性を確認した上で、上部コンクリートブロック擁壁だけを撤去し合法化することで、下部擁壁をそのまま残して利用し、擁壁際から建物までを斜面にして建物と緩やかに繋げるという提案をしました。

結果、周辺の土地相場の半額(擁壁を造り変える費用をかけずに)で土地を手に入れ、周囲の自然環境と緩やかに繋がる家を建てる事ができました。
このように、土地は与えられるだけのものではなく、土地自体も設計することが可能です。

↑完成から2年経った今では、斜面は緑で覆われ周囲の土手と緩やかに繋がり、緑の中に家が建っているように感じられます。
5.さいごに
自分で土地探し → 設計者探し
ではなく、
設計者探し → いっしょに土地探し
というベクトルで考えてみましょう。
そして、一般に家を作ろうと思い始めるより少し前から、建築家に相談し始めるのが理想です。
建物の設計と同じぐらい、土地選びも大切です。
よい土地がみつかりますように。
read more

JIAデザイントークのご案内

news
11月20(水)18:30-20:30
京都もやし町家にてトークイベントに登壇します。
「場所のてがかり」をテーマにこれまでのプロジェクトのお話しをしたいと思っています。
ご一緒するのは建築家殿井環さんです。
ぜひお越しください。
read more

トークイベントのお知らせ

news
JIAデザイントーク2019に登壇します。
「場所の手がかり」をテーマに実作から現在進行中や未完成作品までお話しする予定です。
ご一緒するのは、殿井環さんです。どんなお話しが聞けるのか楽しみにしています。
2019年11月20日(水)
18:30-20:30
場所:京都もやし町家http://kyotomoyashihouse.com
read more

釜山建築祭出展のお知らせ

news
韓国釜山で毎年開催されている「釜山建築祭」に出展します。
2019年9月19日から9月29日
場所:釜山ユーラシア駅
日本と韓国の橋渡しになる展覧会になればと思います。
read more

SD Review2019入選のお知らせ

news
この度「SD Review2019」に入選しました。
下記の日程で展覧会とシンポジウムが開催されます。
みなさまにご覧いただけると嬉しいです。
東京展
2019年9月11日から9月22日
ヒルサイドテラスF棟ヒルサイドフォーラム
京都展
2019年10月4日から10月25日
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
シンポジウム
2019年10月6日14時から17時30分
京都工芸繊維大学60周年記念館
詳細はSD Review2019 ホームページをご覧いただければと思います。
read more

新建築2019年8月号掲載のお知らせ

news
新建築2019年8月号に「OPEN DOOR APARTMENT 2」が掲載されました。
表紙+巻頭で載せていただいています。
read more

展覧会がはじまりました。

news
住まいをデザインする顔-関西若手の仕事-
が始まりました。
展覧会概要はこちら
会期:2019.6.15(土)-7.15(月・祝)
場所:大阪くらしの今昔館 8階企画展示室
「天神橋筋六丁目駅下車直結」
会期中にはトークセッションとシンポジウムも行われます。
6.15(土)13時-15時
6.28(金)11時-13時
在廊予定です。事前にご連絡いただければ招待状をご郵送いたします。
read more

展覧会のご案内

news
住まいをデザインする顔
-関西若手の仕事-
に出展させていただく事になりました。
この展覧会は関西で活躍する40歳以下のクリエーター30人が住まいをテーマに、
模型、写真、映像などを用いて、作品展示をおこないます。
展覧会概要はこちら
会期:2019.6.15(土)-7.15(月・祝)
場所:大阪くらしの今昔館 8階企画展示室
「天神橋筋六丁目駅下車直結」
会期中にはトークセッションとシンポジウムも行われます。
6.15(土)13時-15時
6.28(金)11時-13時
在廊予定です。
お近くに来られる予定がありましたら、お立ち寄ください。
read more

奈良県景観デザイン賞2018受賞

news
2017年に完成しました「蛙股池の家」が奈良県景観デザイン賞2018ランドスケープ賞を受賞しました。
クライアント、施工者、関係者のみなさまに感謝します。
審査講評はこちら
read more

オープンハウスのご案内

news
京都市内に新築シェアハウスが竣工をむかえます。この度、オーナーのご厚意により内覧会を開催いたします。
このシェアハウスでは6人の住人がそれぞれにプライベートな制作・生活空間を持ちながら
アトリエ・ギャラリー、リビング・ダイニング、通り庭といった場を 複合的にシェアする生活がおこなわれます。
今回は内覧会を兼ねて入居希望者も募る機会としております。
新春に向けて新拠点をお探しの学生、クリエーターの方にもご覧いただけますと幸いです。
日時:2019年3月24日(日)10時から17時
場所:京都市左京区(京都造形芸術大学近辺)

※ご興味をもっていただけましたら、案内状をメールにてお送り致しますので、メッセージをくださると幸いです。
※本プロジェクトは木村松本建築設計事務所との共同設計です。
read more